事業再構築補助金とは?わかりやすく解説!

お役立ち記事

新型コロナウイルス感染症の影響により売上や需要の低迷に悩む企業が事業を継続するためには、業態・業種転換や事業の再編など思い切った取り組みが欠かせません。

そうした取り組みの費用を支援する制度に「事業再構築補助金」があります。

この記事では、事業再構築補助金の概要、募集スケジュール、申請・手続き方法をわかりやすく解説し、よくある質問にお答えします。

 

事業再構築補助金とは?わかりやすく解説

対象者
新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有し、必要申請要件をすべて満たす中小企業等
利用目的 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売上の回復が期待し難い中、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために新分野展開、業態 転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的とします。
対象経費 建物費、機械装置・システム構築費(リース料を含む)、技術導入費、専門 家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、 広告宣伝・販売促進費、研修費
給付額 ■補助金額

[通常枠]

中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数20人以下】100万円~2,000万円

【従業員数21~50人】100万円~4,000万円

【従業員数51人~100人】100万円~6,000万円

【従業員数101人以上】100万円~8,000万円

[大規模賃金引上枠]

中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数101人以上】8,000万円超~1億円

[回復・再生応援枠]

中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数5人以下】100 万円 ~ 500 万円

【従業員数6~20 人】100 万円 ~ 1,000 万円

【従業員数21人以上】100万円 ~ 1,500万円

[最低賃金枠] 中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数5人以下】100 万円 ~ 500 万円

【従業員数6~20 人】100 万円 ~ 1,000 万円

【従業員数21人以上】100万円 ~ 1,500万円

[グリーン成長枠]

中小企業者等:100万円~1億円

中堅企業等 :100万円~1.5億円

■補 助 率

[通常枠]

中小企業者等 2/3 (6,000万円を超える部分は1/2)

中堅企業等 1/2 (4,000万円を超える部分は1/3)

[大規模賃金引上枠]

中小企業者等 2/3 (6,000万円を超える部分は1/2)

中堅企業等 1/2 (4,000万円を超える部分は1/3)

[回復・再生応援枠]

中小企業者等 3/4 中堅企業等 ⅔

[最低賃金枠]

中小企業者等 ¾

中堅企業等 2/3

[グリーン成長枠]

中小企業者等 ½

中堅企業等 1/3

申請期間 公募開始:令和4年3月28日(月)

申請受付:令和4年5月下旬~6月上旬予定

応募締切:令和4年6月30日(木)18:00

 

「事業再構築補助金」は、新型コロナウイルス感染症の影響により需要や売上の低迷に悩む中小企業等の、思い切った事業再構築を支援する制度です。

ウィズコロナ・ポストコロナ時代に対応すべく、新分野展開や業態の転換、事業・業種転換、事業再編などの取り組みにかかる費用を補助します。

2022年現在、補助金額や申請要件が異なる5枠が設けられています。

 

事業再構築補助金の公募要領

対象者

新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有し、必要申請要件をすべて満たす中小企業等

 

利用目的・事業目的

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、当面の需要や売上の回復が期待し難い中、ウィズコロナ・ポストコロナの時代の経済社会の変化に対応するために新分野展開、業態 転換、事業・業種転換、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等、思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援することで、日本経済の構造転換を促すことを目的とします。

 

申請要件

2020年4月以降の連続する6か月間の内、任意の3か月の合計売上高が、2019年もしくは2020年1月~3月の内の同月3か月間の合計売上高と比べて、10%以上減少していることが主な申請要件です。

枠により詳細な申請要件は異なります。

 

対象経費

建物費、機械装置・システム構築費(リース料を含む)、技術導入費、専門 家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、 広告宣伝・販売促進費、研修費

 

給付額

■補助金額

[通常枠]

中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数20人以下】100万円~2,000万円

【従業員数21~50人】100万円~4,000万円

【従業員数51人~100人】100万円~6,000万円

【従業員数101人以上】100万円~8,000万円

 

[大規模賃金引上枠]

中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数101人以上】8,000万円超~1億円

 

[回復・再生応援枠]

中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数5人以下】100 万円 ~ 500 万円

【従業員数6~20 人】100 万円 ~ 1,000 万円

【従業員数21人以上】100万円 ~ 1,500万円

 

[最低賃金枠] 中小企業者等、中堅企業等ともに

【従業員数5人以下】100 万円 ~ 500 万円

【従業員数6~20 人】100 万円 ~ 1,000 万円

【従業員数21人以上】100万円 ~ 1,500万円

 

[グリーン成長枠]

中小企業者等:100万円~1億円

中堅企業等 :100万円~1.5億円

 

■補 助 率

[通常枠]

中小企業者等 2/3 (6,000万円を超える部分は1/2)

中堅企業等 1/2 (4,000万円を超える部分は1/3)

 

[大規模賃金引上枠]

中小企業者等 2/3 (6,000万円を超える部分は1/2)

中堅企業等 1/2 (4,000万円を超える部分は1/3)

 

[回復・再生応援枠]

中小企業者等 3/4 中堅企業等 ⅔

 

[最低賃金枠]

中小企業者等 ¾

中堅企業等 2/3

 

[グリーン成長枠]

中小企業者等 ½

中堅企業等 1/3

 

申請期間

公募開始:令和4年3月28日(月)

申請受付:令和4年5月下旬~6月上旬予定

応募締切:令和4年6月30日(木)18:00

 

事業再構築補助金の募集スケジュール

第6回の募集スケジュールは、令和4年3月28日(月)より公募開始、申請受付は令和4年5月下旬から6月上旬、応募締切は令和4年6月30日(木)の18:00を予定しています。

第6回の採択発表は8月下旬から9月上旬頃に行われる予定です。

 

事業再構築補助金の申請・手続き方法

事業再構築補助金の申請には、「GビズIDプライムアカウント」の取得が必要です。

申請はオンラインのみで受け付けており、電子申請システムから事業計画書等を入力し、必要書類を添付し、送信することで完了します。

 

必要書類

申請に必要な書類は、事業計画書、認定経営革新等支援機関・金融機関による確認書、コロナ以前と比較して売上高が減少したことを示す書類、コロナ以前と比較して付加価値額が減少したことを示す書類、決算書、ミラサポplus「電子申請サポート」の事業財務情報、従業員数を示す書類などです。

 

事業再構築補助金のQ&A

<h3>事業再構築補助金と併給可能な補助金・助成金はありますか?

事業内容が異なれば、同じ事業者であっても異なる補助金を併給することができます。持続化給付金をはじめとする「給付金」は併用可能です。

 

 

タイトルとURLをコピーしました